postheadericon CFDは投資初心者でも始めやすい取引方法です

FXや株式投資・不動産運用など、様々な資産運用が注目されてきています。
自分の資産をそれ以上に増やす方法としてメリットが多いのが、資産運用です。
通常銀行などへ現金を預けても、まさに「雀の涙」程度の利息しか付きません。
要するに、コツコツ貯金してもそれ以上に増やすことはできないです。

それは当たり前のことのようですが、資産運用ならば資産を増やすことができます。
例えばFXの場合。
1ドル100円で購入したアメリカドルが、次の日に102円に上がった時。
このタイミングで売れば、2円得することになります。
1ドルではなく10000円分購入してそれを売れば、これだけで20000円の利益が出てしまうのです。

このように資産を上手に増やす方法として、FXや株式投資などが注目されているというわけです。
もちろん投資に関しては、損失を出すこともありますし初期投資に大金が必要になるデメリットもあります。
たかが数万円では利益も大したこともありませんので、数百万円から数千万円用意するのは当たり前。

しかし、これだけの大金を用意できる人は少ないと思います。
そこで「CFD」という取引方法が人気が高まってきています。
CFDとは「差金決済取引」という取引のことです。
差金決済とは、売買した「差額」のみを取引する方法です。
上のアメリカドルの売買を例にすれば、1ドル100円の時に1万円分支払ってから、102円で売れば2万円が手元に入ります。
要するに口座には1万円が必要となり、売ったときに2万円入ってきます。
CFDは差金のみの取引ですので、売買した差額「2万円」のみが口座に入ってくることになります。
損失を出したときも同じで、損失分のみが口座から出ていくことになります。

CFDのメリットはこの差金のみを取引するので、少額の資本金から始めることができること。
レバレッジをきかせて取引できますので、50万程度の資本金で1000万円程度の取引もできます。
ハイリスク・ハイリターンですが、どうしても高額の資本金が用意できない方には始めやすいと思います。

損失を出さないようにするのが投資の基本です。
CFDでは特にレバレッジを利かせる分損失も大きくなるので、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などの分析手法を活用して、売買のタイミングを見極めましょう。

Leave a Reply