postheadericon CFDは投資初心者でも始めやすい取引方法です

FXや株式投資・不動産運用など、様々な資産運用が注目されてきています。
自分の資産をそれ以上に増やす方法としてメリットが多いのが、資産運用です。
通常銀行などへ現金を預けても、まさに「雀の涙」程度の利息しか付きません。
要するに、コツコツ貯金してもそれ以上に増やすことはできないです。

それは当たり前のことのようですが、資産運用ならば資産を増やすことができます。
例えばFXの場合。
1ドル100円で購入したアメリカドルが、次の日に102円に上がった時。
このタイミングで売れば、2円得することになります。
1ドルではなく10000円分購入してそれを売れば、これだけで20000円の利益が出てしまうのです。

このように資産を上手に増やす方法として、FXや株式投資などが注目されているというわけです。
もちろん投資に関しては、損失を出すこともありますし初期投資に大金が必要になるデメリットもあります。
たかが数万円では利益も大したこともありませんので、数百万円から数千万円用意するのは当たり前。

しかし、これだけの大金を用意できる人は少ないと思います。
そこで「CFD」という取引方法が人気が高まってきています。
CFDとは「差金決済取引」という取引のことです。
差金決済とは、売買した「差額」のみを取引する方法です。
上のアメリカドルの売買を例にすれば、1ドル100円の時に1万円分支払ってから、102円で売れば2万円が手元に入ります。
要するに口座には1万円が必要となり、売ったときに2万円入ってきます。
CFDは差金のみの取引ですので、売買した差額「2万円」のみが口座に入ってくることになります。
損失を出したときも同じで、損失分のみが口座から出ていくことになります。

CFDのメリットはこの差金のみを取引するので、少額の資本金から始めることができること。
レバレッジをきかせて取引できますので、50万程度の資本金で1000万円程度の取引もできます。
ハイリスク・ハイリターンですが、どうしても高額の資本金が用意できない方には始めやすいと思います。

損失を出さないようにするのが投資の基本です。
CFDでは特にレバレッジを利かせる分損失も大きくなるので、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などの分析手法を活用して、売買のタイミングを見極めましょう。

postheadericon 今注目の資産運用はNYダウ

2016年6月現在、最も注目を集めている資産運用情報といえば、何でしょうか。私は、NYダウ株価指数取引だと思います。

NYダウ株価指数取引とは何かについて、まずご説明しましょう。これは、正式には「ダウ・ジョーンズ工業株平均先物取引」と呼ばれます。ダウ・ジョーンズとは何かというと、世界的なビジネス紙”The Wall Street Journal(ウォールストリート・ジャーナル)”の発行元であるダウ・ジョーンズ(Dow Jones & Company)とスタンダード&プアーズ(Standard & Poor’s)の合併会社である”S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズ(S&P Dow Jones Indices)”のことです。この”S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズ”がアメリカ合衆国を代表する30の株式優良銘柄をピックアップし、指数化したものが「ダウ平均」や「NYダウ」、「ダウ工業株30種」などと呼ばれます。この指数を取引するのが、冒頭で述べたNYダウ株価指数取引です。

NYダウに含まれる30銘柄というのは、アメリカどころか世界を代表するような会社の株ばかりです。たとえば、マクドナルド、アップル、ウォルト・ディズニー、ザ コカ・コーラ カンパニー、マイクロソフト、ナイキ、などなど……。いかがですか?NYダウが上がるということはこれらの世界的な会社の景気が良いということ、下がるということは景気が悪いということです。ひとつひとつの銘柄をチェックして取引するよりも、全体の動き方なので、上がるか下がるかを予測しやすいですね。

さて、今なぜNYダウに注目が集まっているのかというと、2016年6月27日より、くりっく株365でNYダウの取引が可能になるからです。くりっく株365というのは、日本で初めての公的な取引所による株価指数証拠金取引です。すなわち、CFD会社を介さずに自分で取引ができるわけですから魅力的ですよね。ぜひチェックしてみてくださいね。

postheadericon NYダウ証拠金取引の説明サイト。

株式投資は非常に難易度が高い投資として知られています。
最もメジャーな投資商品なので投資を始める方は「まずは手始めに株から」、なんて考えている方も多いかもしれません。
ところが、約数千もの銘柄の中から将来性があるものを見極めるにはかなりの分析力が必要不可欠です。
利益を上げるために、根拠に基づいた投資を行っていくことが何よりも大切になります。

その点、初心者でも始めやすい投資として知られているのが、”CFD取引”です。
CFDとは証拠金取引のことで、少ない資金から始められることが特徴。
その中でも株価指数証拠金取引である”くりっく株365”は投資の中でも専門知識がそれほど必要ではない投資ということもあり、投資未経験者にも人気の投資となっています。

もしくりっく株365の戦略を詳しく知りたいという方がいらっしゃったら、『NYダウ-MAGAZINE.com』というサイトを参考にしてみてください。
こちらのサイトでは主に2016年6月27日よりサービスが開始される”NYダウ証拠金取引”について詳しく説明してくれています。

まさに”満を持して登場”するNYダウ証拠金取引。
これまでくりっく株365では
・日経平均株価
・DAX(ドイツ)
・FTSE100(イギリス)
という3種類の株価指数にしか投資をすることができませんでした。
世界の経済の基準となるNYダウですから、人気が出ることは間違いないでしょう。
どこよりも最新情報をサイトに記載してくれていますので、ぜひ内容を確認し、投資に役立てていただければと思います。

他にもこちらのサイトには世界の金融の中心地であるニューヨークの街に関する情報も満載。
これからニューヨークへの旅行を計画している方にとっても役立つ情報がたくさん記載されていました。

まずはサイトにアクセスしていただき、NYダウのことや株価指数証拠金取引のことについて知っていただければ。
みなさんが思っているほど難しい取引ではなくとてもシンプルですので、きっとご興味を持っていただけるでしょう。

postheadericon 初心者向けの投資の基本

投資を始めるにあたり、あれってどんな意味なんだろうと気になるフレーズがたくさんでてきますよね。例えばインデックス。これは市場全体の動きを表した指標の事を意味します。日本国内ですと日経平均株価、TOPIXなどが有名でしょうか。インデックス型のメリットは運用コストを低くすることができる、商品の中には販売手数料が無料のものが多いという特徴があるようです。

日経平均株価は、東証一部上場銘柄の中から225銘柄を対象として株価指数を算出したものです。株価が高い銘柄の動きが大きく影響するという特徴があります。TOPIXは、東京証券取引所の上場銘柄すべてを対象としています。日経平均と大きく異なるのは、時価総額で計算されることです。株式数の多い大型株の影響がダイレクトに影響するという特徴があります。

それから投資の一環としてFXを始める方も増えてきましたが、一目均衡表というチャートが注目されています。戦前に、株式評論家である細田悟一さんが発表したテクニカル指標のことです。FXというと日本ではローソク足チャートも知られていますが、どちらも世界的に非常に認知度が高くなった定番指標なんです。為替レートの値動きについて、これは時間が影響を与えるという考え方が一目均衡表なんですね。二次元チャートに、過去の情報や未来のこと、いわゆる三次元の世界を盛り込んでいる指標として、他に類を見ないと言われています。転換線、基準線、雲、遅行線という4つのパーツを使って三次元の世界を作り出します。情報が多ければ多いほど動きが分かりやすいということですね。

為替の変動と時間の流れの関係性を図に表したものが一目均衡表です。転換線は過去9日間における「(高値+安値)÷2」、基準線とは過去26日間の「(高値+安値)÷2」、遅行線とは現在のチャートを26日過去にずらした線、雲は「(転換線+基準線)÷2」と過去の52日分の「(高値+安値)÷2」を26日未来にずらしたものを意味しています。

postheadericon ダウ理論に関するお話

投資を始めるにあたり覚えておいたほうがいい単語や仕組みはいくつもあります。ここではダウ理論に関するお話をご紹介していくことにしましょう。ダウ理論というのは19世紀末にチャールズ・H・ダウが執筆した基本法則を意味しています。テクニカル分析における元祖となる理論なんですね。ウォール・ストリート・ジャーナルに6つの基本法則を述べました。現在ダウ・ジョーンズ社で使われているニューヨークダウ平均株価を算出していますが、チャールズ・H・ダウ設立者の一人という話は有名です。

ダウ理論の定義は以下になります。
・平均はすべての事象を織り込むこと
・トレンドには3種類があること
・主要トレンドとなるのは3段階から
・平均は総合的に確認すること
・トレンドは出来高でも確認すること
・トレンドは確かな転換シグナルが発生するまで継続すること

これらはチャートの基本となっています。そして今も開発されている色んなテクニカル手法に応用されているという話にも驚きますね。例えば「平均はすべての事象を織り込むこと」コレに関しては、日経平均やダウ平均のような主要市場の主要銘柄の平均値がにおける経済動向の指標とする平均株価の事を意味しています。基本的な考え方なんですが、政治的な事象、世界的に起きている事件・天変地異・事象、市場のあらゆる材料や投資心理など、これらすべてが市場において数字に反映するという考え方、捉え方です。総合的に見て世界が反映されているのが、市場における平均株価という考え方なんですね。

チャールズ・H・ダウが考案した平均株価算出法である「ニューヨークダウ平均株価」や、同じような算出法が用いられている「日経225平均株価」は、今も世界経済において主要な指標となっていることは、投資の世界において知っておいたほうがいい基本的知識です。チャールズ・H・ダウはもともとジャーナリストとして活躍しており、1882年に仲間3人と一緒にダウ・ジョーンズ社を設立したそうです。